Snap-on PSDUAL エアコンガスマシンをグレードアップ!!

Snap-on PSDUAL <br>エアコンガスマシンをグレードアップ!!

今回ご紹介するのは今まで当店で使っていたエアコンガスメンテナンスのPS134のマシンをDual(HFC-134a/1234yf)にグレードアップしました!

何がグレードアップしたのかといいますと、写真を見れば分かるとおり、最近の新車に多いHFO-1234yfのガスに対応したマシンなのです!1台で従来のR134aガスと新冷媒R1234yfガスのどちらにも対応出来る、カーエアコンサービスステーション。 ガスの不純物を99.99%まで除去できる技術(特許)を搭載。

実はガスが変わっているのに気づいていないオーナーさんが多数います。もちろん新車時にこのような説明は受けないのでわからないのが当然だと思います!

この機械の最大の特徴は、デジタルで圧力を計測するアナログ表示式のメーターです。
普通の人ではこの意味は全くわかりませんよね!

通常のアナログメーターの場合は計測するためにガスの圧力を検知するために必ずメーターLINEに通さなければなりません。この機械の特徴は1台で従来の134ガスと1234ガスの両方が出来て、中身は2つのガスが全く混ざらない独立した構造になっています。
つまりガスの圧力を検出するセンサーは両方に付いていて電気的に切り替えて表示しているのでガスは混ざらなく特許をとったスナップオン専売モデルで、国の最新設備にも認定された機械です!

ですので、混ざらないのはさることながら、その分のガスも少なくて済みますのでより精度が高くなります。なぜガスが少なくてメリットがあるのか。それは1234ガスの値段が高いのです。きっと販売価格で例えるのであればガス代はめちゃくちゃ高いレベルです。市場価格でも200gで14,000円ぐらいです。

何故高いのか。このガスは大気放出されると無くなり、環境問題にもなっている134ガスの地球温暖化係数とは比べ物にならない、大気に放出しても大丈夫なガスです! 最近新車ご購入したお客様はボンネットを開けてガスの種類を見て下さい。1234と書いてあれば専用の機械でないとメンテナンスができません。

実はこのガスは、結構多くの車に採用されていますし、国内では、2018年7月にオゾン層保護法ほ改正しR134からHFO1234yfガスに移行し既に私が知っているだけでも

トヨタ / クラウン、カローラ全車、RAV4
レクサス / LS、ES、RX、UX
三菱 / D5
ホンダ / 新型フィット、新しいNBOX
ダイハツ / タント
マツダ / マツダ3、マツダ2、CX-30
スバル / シフォン

など今では売れている車や新しく登場する車は、R1234ガスになるのは間違いないと思います。

R134

国産車(特殊車両以外) オイル代込
¥16,000(税抜)   ¥12,000(税抜)
外車(特殊車両以外) オイル代込
¥18,000(税抜)   ¥14,000(税抜)
追加添加剤 ワコーズパワーエアコンプラス(同時施工)
¥4,000(税抜)

HFO-1234yf

国産車(特殊車両以外) オイル代込
¥19,000(税抜)   ¥15,000(税抜)
外車(特殊車両以外) オイル代込
¥21,000(税抜)   ¥17,000(税抜)
追加添加剤 ワコーズパワーエアコンプラス(同時施工)今年夏発売予定
価格未定