スズキより発表されたジムニーJB64.74のメーカーリコールについて


スズキよりジムニーのドアハーネス交換のメーカーリコールが発表されました。
それに伴いデッドニングした車両に関しては表面のデットニングは剥がさないとハーネス交換が出来ないと予想されます。
ディーラーでのリコール作業の際に剥がさされたり、カットされて補修ということだったり、当店以外の作業に関しては全く予想が出来ない状況です。
ですので最終的に現状を維持する為には最終的な当店の確認作業が必須となります。

すでにリコール発表からかなりの台数のリペア作業をしていますが、 当店では全ての作業は写真を撮っていますので施工時と同じように復元が可能です。またリコール作業をする人によって、スピーカーのネジがなかったり少なかったり、ケーブルの取り回しが全く違うようになっていたり、スピーカー端子のスリーブがなく金属がむき出しになっていたりと様々です。
このような状態では当店の最終仕上げとは大きくかけ離れた内容になっています。このような現実を見ていますのでリコール作業後の水漏れなどは当店の保証対象外にするほかありません。たまたま雨の日のリコール作業の車は内張りが濡れていたケースもありました。

リコール対策はどうしても有償扱いにはなりますが、当店まで車を搬送までしてくれる親切丁寧なディーラー様や、純正以外は面倒をみないといわれたお客様まで責任問題についても色々なケースのお話を聞いています。
それではお客様の行き場がなくなってしまいます。当店では以下のようにしていきたいと思います。

メーカーページ
https://www.suzuki.co.jp/recall/car/2021/0419/

流れ

  1. 当店にてデッドニング作業をしたお客様はまずは当店にご連絡を下さい。その後の手順などを詳しくご説明致します。
    その後にディーラーにてリコール予約をいれましたら、同様に当店にお問い合わせ下さい。
    当店では施工管理もしてますので施工を証明する書類などが必要なケースもわかっていますので必要な書類などの発行も致します。
  2. 次に出来るだけ努力しますのでリコール作業の後に近い日で予約を取らせていただきます。 当店のカレンダー予約ではなく直接やり取りを致します。
  3. リコール作業を終えて、当日になりましたらご来店して頂き、まずは中の確認をし、補修作業を開始致します。作業時間はおおよそ3時間となります。
  4. デッドニング材は基本的に再使用は不可なので作業内容は基本的に2種類となります。(2021/6/11内容改訂)

    ジムニー専用デッドニングスタンダードリペア

    オーディオテクニカAT-AQ450 定価3,000円×7.5=22,500円
    サウンドプルーフィングウェーブ+ドアクリップ1台分=6,000円
    作業工賃\15,000
    合計43,500円 消費税込み\47,850です。

    ジムニー専用デッドニングデモカー仕様リペア

    オーディオテクニカAT7550R 定価3,600円×7.5=27,000円
    サウンドプルーフィングウェーブ+ドアクリップ1台分=6,000円
    作業工賃\15,000
    合計48,000円 消費税込み\52,800です。
    こちらの内容は今当店で設定しているデットニングが2種類なのでそのリペアとして設定しました。
    リペアといっても、表面を全てやり直します。
    今回だけは、スタンダードを施工したお客様が表面だけデモカーデッドニングにアップグレードも承ります。
  5. ディーラーのご担当者様へお伝え下さい。

今回のリコールのハーネス交換において、当店作業した車においてはデッドニングを剥がした際の応急処置とスピーカーケーブルについて諸注意が御座います。
直接、04-7193-8690までご連絡頂ければ直接ご担当者様にご説明しますのでお伝え頂けると幸いです。

アルミインナーバッフル